ギルバートが訳ありに負けない激安価格です

無論近隣の国で!仁・義・礼が空洞化しつつあるのは心して対応すべきことです。よく東アジアの内情をご理解いただいています。内容的には!特に目新しさは感じませんでした。

コチラです♪

2018年01月15日 ランキング上位商品↑

ギルバート儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇 (講談社+α新書) [ ケント・ギルバート ]

詳しくはこちら b y 楽 天

でも!この方が書くことで情報が拡散するなら結構なことだと思います。次回作に期待いたします。とても読みやすいので中学生あたりでも大丈夫です。日本と近隣の国との関係は経済的には密接で!政治・文化の面で危険と緊張をはらんでいるのは事実でしょう。一読をお勧めします。日本の政治家はこの本を読むべし!!島国の人の感覚では分からない違いを書いた面白い本です。外国人が 日本をどのように 見ているかと興味がありましたが 安心しました。 現政権に反対をする人を含めて沖縄に住む人々は切っても切れない我々の同胞です。宗教が人々の意識をどのように変えていくのかがよくわかりました私は、右翼でも何でもないのですが、作者がよくここまで第三者の立場で客観的に書いてくれていることに感動さえ覚えました。話題にもなっているし、アメリカ人のケントギルバートさんの中国、韓国感はどんなかなと興味をもって購入しました。儒教に関する考えは同調できました。但し、我々日本人も反省するところは反省し、隣人と付き合っていきたいものです。。肌の合わない国とは付き合わないのが一番だと、教えてくれてる様に思える1冊です。私は日本人だから思っていてもあそこ迄言いません。感謝しなくちゃいけませんね。もしそこに対立があるなら、それを埋めるのが我々国民に課された義務だと思うのです。幅の広い儒教思想を著者がどの程度理解されているのか分かりませんが!儒教を人間の生き方の基準と理解するなら!日本人は自制して身を治め!家庭や地域・隣人に気を配る!将にある意味では儒教的生き方を生活の中で自然に身につける努力をしています。朝日新聞の広告で紹介されていたので購入しまいた。謝った方が負けであり、謝ったその過ちは1000年たっても許されぬこと。偏向的儒教に基ずく思想、つくづくこれまでの隣国の行いが納得できる一冊です。中国・韓国はなぜ異常なほど過去にこだわるのか?中国の領有問題の歴史のねつ造はなぜか?何でも日本にいちゃもんをつけてくるのか?この本を読んでナットク!!特にそれをアメリカ人が書いたというのが面白いですね。儒教と結びつけたところも面白いとおもいます。そこまで言うかと思うほど痛快にこき下ろしてます。いつも目にし!耳に聞こえる日本人からの見方とは違うのだろうと思って購入しました。でも何となく納得させられます。すごくよく売れてるようですが、内容的にはネット等で知っていることばかりであまり驚きはありませんでした。全ての日本人に読んで欲しい本です。国民性ですね。やはり思わず「なるほど」と思ってしまうことが多くあり!かつて読んでいた宮城谷昌光晏子や重耳などの作品を読み直し!著者の言っていることが中国の歴史から起こされていることを再読することで理解しました。でも、相手も変わってもらわなければ困ります。外人に嫌韓的な話をしてもらい説得力を持たせて出版したのかなという感想です。。 もう一つ!日本を殊の外深く理解しておられる著者が!沖縄問題を「工作員」の危険を前面に出して説明しておられますが!日本の政治が沖縄を開発支援と法律的規制の高い目線から眺めて!その文化や地理的特性を尊敬と感謝を以って受け止める姿勢を欠いている点も論考すべきでしょう。これを欧米人の好む言葉「武士道」で括られると!この我々の生き方が儒教とは無関係なものに捉えられてしまう危険性があります。日本人は日本人らしく振舞えばよいと励ましもあり!よかったです。中華思想によりすべての行いは正当性が有り!属国として日本を考える中国や韓国の思考は!日本とまるで異なること。私もそうだと思います。それが「工作員」の活動余地を無くす最善の策だと思いますが。大切なことがたくさんかかれていますから。アメリカ人であるケントさんが日本のこと!日本人のことを思って書いてくれた本。中国、韓国の考え方等が色々あると思うがこの本を読むことで、なるほどと思うことが多く、下手な小説を読むより面白かったです。只今勉強中です。でも言い過ぎの感は否めません。ケントさんがアメリカ人だからでしょう、ハッキリ物事を語る国民性。