現代新書が好評 |

憲法自衛隊を容認してしまうと『米軍による日本の軍事利用体制』の完成です。」との記述は、まさにその通りで、自衛隊がアメリカのために海外で戦うことになるでしょう。「対米従属」について書いてある他の本も読んでみたいと思います。

1月15日 おすすめ!

2018年01月15日 ランキング上位商品↑

現代新書知ってはいけない 隠された日本支配の構造 (講談社現代新書) [ 矢部 宏治 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

俳優の今井雅之さんが亡くなった事情についていろいろ言われていますが!この本を読んでなるほど!ありうるな・・・!と思ってしまいました。どのような日本に住みたいかを改めて考える機会を持てました。日本政府が今まで!アメリカに対し!NO!と言えなかった対米従属の原因がよくわかります。お気楽な息子を自衛隊に放り込もうか!と思っていましたがやめました(笑)。己がいち小市民であることを実感できてしまう本でした。この本の内容も含めて真実が何処にあるのか!何を信じて良いのかが分からなくなります。知らない事ばかりの内容で衝撃的でした。。私自身としては非常に納得しました。面白くて一気に読みました。話を鵜呑みにするかはそれぞれの判断です。